はっさんブログ

技術的なまとめ・話題になっているもの・やっていきを配信する

VALUを購入してくれた方とチーム開発をしている話

個人が株式を発行できるVALUというサービスがあります。

rick08.hatenablog.com

私も面白がって自分の優待を設定したところ、私のVALUを買ってくれた方がいました。(以下Aさん)

そして先日、Aさんにより1つ目の機能の開発が完了しました。

f:id:usgitan:20170917144233p:plain

19件のレビューコメントを経て、masterマージされました。

ありがとうございます!そしてやったね!

f:id:usgitan:20170917172140p:plain

喜んでくれてよかった!

VALUを買ってくれたことについて

VALUがどういうものかは上記のリンク先が詳しいです。

簡単に説明すると、VALUにはVALU内で取引する「VA」という通貨があります。

1VAの価格は個人によって異なり、最初はTwitter、Facebook等のSNSのフォロー : フォロワー数によって評価されます。

評価が終わり次第、登録者は自分が提供できる価値:「優待」を設定します。

そして他の参加者は、設定されている優待・優待を受けるために支払う価格を見て、優待をBTC(=ビットコイン)で購入する流れです。

つまり、参加者は提示されている価格に対して優待の価値の方が高いと感じれば、その人のVALUを購入します。

現在、私の1VAは日本円にして約1,800円です。

f:id:usgitan:20170917145919p:plain

そして私の優待は、1VAを持っている人から受けることができます。

つまりは1,800円で優待を受けることができます。

と言っても実際の購入はBTC(ビットコイン)で行うので、まずはビットコインを購入する必要があります。

ビットコインについては「価格の流動性が高い」「将来の金融インフラになるかも」という性質上、話題に上がることが多いですね。

最近ではJPモルガンがBTCの暴落中に大量購入していたことが話題になりました。

私はビットコインについてはcoincheckというサービスに登録しており、BTCの価格の遷移や管理を行なっています。

アプリのUIも綺麗で見やすいので、とてもオススメです。

f:id:usgitan:20170917150935p:plain

それはそうと、ビットコインは話題にこそなるけど暴落することもあります。
なので、批判的な意見も多いですね。

その中で実際にビットコインを購入し、VALUの優待を嗅ぎ分けてサービスを受けているので、購入者はだいぶリテラリーが高い人なわけです。

優待を通して行なったこと

そんな中で設定した優待がAさんに刺さり、Valuerになってくださいました。

Twitterで連絡してくださったので実際の開発に移る前に、まずは以下のことを行いました。

- Slackチームの作成
- 開発タスクの洗い出し
- ドキュメントの整備
  -  Valuerの優待ルール
  -  サービスを開発する理由 
  -  チーム開発の方法
  -  環境構築の流れ

上記を行なった理由としては、今後も開発メンバーが増えた時に説明する時間を省くためです。

また、優待ルールについてはフェードアウトする条件、継続する条件についても書きました。

どちらに転んだとしても、友好な関係でい続けたいからです。

優待で得られる価値の認識合わせ

優待の内容は、主にこの2点です。

- 書いてくださったコードに対して圧倒的レビュー
- 気になった質問に対して大体なんでも答える

これによって得られる価値はこの2つです。

- Railsでの開発方法が分かる
- チーム開発の方法が分かる

これを始める前に伝えました。

得られる価値の認識がずれていると、どうしようもなくあらぬ方向に行ってしまうからです。。

そして今

1つ目の機能の開発が終了し、次の開発に入っています。

どんどん成長していっていますぞ!!

f:id:usgitan:20170917164811p:plain

背景

私は学生だった時に、実務レベルでのRailsの開発・チーム開発の方法を学びたいと常々に思っていました。

しかし地方在住だったので、教えてくれる人は見当たらず、手段がないことを嘆いていました。

結果的には長期休みを利用して、東京の会社でインターンをすることで開発を学びましたが。。。

地方であることに嘆いている人は今もいるはずで、地方在住の学生エンジニアの力になりたいという思いが背景にあります。

あと2人ほど枠があるので、興味があり条件を満たしている方がこの記事を見ていたら、参加をお待ちしております!

まとめ

今回のように情報発信をすることによって、面白がって飛び込んでくれる人がいることに「最高」を感じています。

このような価値提供をしつつ、色んな人に協力を仰いで、良いものを生み出して行けたらと思っています。