はっさんブログ

技術的なまとめ・話題になっているもの・やっていきを配信する

Web開発が好きな学生が4年間の中で読んだ、あなたにオススメしたい「本」8選

参考になったらシェアいただけると幸いです!

パソコンが恋人のそこのあなた、いかがお過ごしでしょうか。
今回は、選びすぐりの「本」を8冊紹介します。

紹介する本はオールジャンルですが、当方、Rubyとそのフレームワークが好きな学生エンジニアなので、少々偏りがあることはご了承下さい。

これを読んでいる努力家のあなたであれば、気になった本を買って、読んで、実践できると思っています。

自助論

この自助論は、各業界で成功した偉人のエピソードをまとめた書籍です。

スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫

僕はサッカー選手の本田圭佑がオススメしていた本として知ったのですが、その他にもFacebook創始者のマーク・ザッカーバーグやテニスのロジャー・フェデラー、日本だと安倍晋三内閣総理大臣もこの本を読んだらしいです。

超要約すると「やれ」です。

やった人が成功している、当たり前だけど実践は難しいですよね。
難しいけど、その事実をエピソードを踏まえて知ることが出来るので、自分もやろうと思える良い本です。

思考・論理・分析 「正しく考え、正しく分かること」の理論と実践

もっと論理的に考えれるようになりたいな。。と思ったことはありませんか?
この本は「分かる」とはどういう状態かの説明から入り、帰納法演繹法を用いて論理的に考える方法について分かりやすく書かれています。

思考・論理・分析―「正しく考え、正しく分かること」の理論と実践

すでに出来ている人は良いのですが、なるべく早い段階でそれらを学び、意識して実践していった方がよいでしょう。
その手の本では1番おすすめです。

Running Learn - 実践リーンスタートアップ

当ブログでも過去に紹介した、実践リーンスタートアップです。

Running Lean ―実践リーンスタートアップ (THE LEAN SERIES)

Web開発やアプリ開発をしていると、自分の力でユーザーに価値を届けてご飯を食べていきたい!と思いますよね。

しかし、現状、自分の成果物に目を当ててみると、ものすごいギャップがあります。何が足りないんだ?と思い、この本を読みました。

著者は「作る前に売れ!」と言っており、自分自身ハッとしました。ニーズが無いものを作っても売れないからです。

結論、売るにしても買い手が買いたい!と思う必要があり、そのためには自身の苦労・経験やストーリーがモノを言うので、それらがない段階ではがむしゃらに目の前のことをがんばることが先決だと思います。

20歳の自分に受けさせたい文章講義

文章を書くのは好きですか。
この本はフリーランスのライターさんが20歳の自分に向けて書いた本です。

20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)

物書きは物書きで僕は素晴らしいと思います。
ですが、そういう人こそただ書くだけではなく、優れた人の視点を取り入れて改善していこう。という観点からこの本をオススメします。

まるで、エッセンスの満員電車とも言える本です。

資本論 (続・資本論)

資本主義って何?と聞かれたら何と答えますか。

資本論 (まんがで読破)

誰が、なぜ儲かるのか。という仕組みをマンガで分かりやすく伝えてくれます。
なぜブラック企業がなくならないのか、の理由などもここから垣間見えます。

面白いので続編も買って読みました。買いです。

パーフェクト Rails

技術書来ました。みんな大好き Ruby on Railsです。

パーフェクト Ruby on Rails

Rails出来るようになりたいけど難しい。。と思ってるそこのあなた!
この本のP160からP239まで何回かやり通して下さい。できるようになります。

それを土台に工夫すれば、作れるようになります。

オブジェクト指向設計実践ガイド

パーフェクトRailsを読んで作れるようになったらこれを読みます。
Rubyを用いて、オブジェクト指向を学ぶ本です。

オブジェクト指向設計実践ガイド ?Rubyでわかる 進化しつづける柔軟なアプリケーションの育て方

オブジェクト指向のメタ要素である、改善しやすいコードとは何か。
から、どうしたら良くなるのかを著者と一緒に考えながら進んでいく本です。

ソフトウェア開発は長期間・複数人で進めることが大半なので、改善しやすいコードを書けるようになることは必須なのです。

四月は君の嘘

あなたがもし、音楽を嗜む人であればこれは教養です。

四月は君の嘘(1) (講談社コミックス月刊マガジン)

教養なので読むことを強要します。
読んでないはしないぜ許容。

おわりに

長くなりました。
気になった本は買って、読んで、実践してもらえたらなと思います。